ハワイとzoomを繋いでピーターソンひろみ先生と会議でした。


オバマ米大統領の出身校ハワイのプナホウ学園で、長年日本語を教えてこられたひろみ先生。原爆被害を扱った中高生用の日本語教科書を出版したり、生徒を広島に送り出したり、次世代に平和を問い続けています。


パールハーバー開戦時、ハワイの住民4割が日系人でした。日本にルーツを持ちながらもアメリカの教育を受けてきた人々に、この戦争はどう映ったのでしょうか。私たちが作る映画では一方向ではなく双方の視点を入れたいとチャレンジしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です